松田軽太の日記

企業の情シスで働いています。このブログでは読んだ本など思いつくままに書いています。

スパイダーマン ホームカミングが青春してて良かった!

こんにちは!松田軽太です。

はてなブログを始める前に誰に宛てるでもなく書いていた映画評を見つけたので、ここに載せさせていただきます。

ちなみに2017年8月に書いてます。

またまたスパイダーマンが新シリーズとして映画になりました。

正直に書くと、今回の新シリーズのスパイダーマンは、あまり期待していなかったのです。

というもの、今さらアベンチャーズの一員としてスパイダーマンが参加するというのが、とってつけた感じがしたからです。

そもそも何故、このタイミングでスパイダーマンが新シリーズになったのかといえば、版権の権利問題が解決したからだといいます。

前回のシリーズだったアメージングが興行的には成功しなかったからだそうです。

まぁ、そこそこアメージングも面白かったと思ったんだが、ハリウッド的にはヒットとは言えなかったのですね。

そんな経緯を経た新スパイダーマンだから、大人の事情が満載だと感じました。

とはいえ結局、観に行きました。
トランスフォーマーと迷ったのだけど、どうにもトランスフォーマーも迷走している感じがしたので、今回はスパイダーマンにしました。

はっきり言えば消去法でスパイダーマンを選んだのです。

で、結果はどうかというと・・・メチャクチャ面白かったです!

何が良かったのかというと、今回のスパイダーマンは「青春」してるんです!

高校生を主人公にした若気の至りに無茶で未熟な行動がなんともいえず、瑞々しさを感じました。

またトニー・スタークが絡むことで、スーツの高性能な理由が納得できます。

正直、ここまで違和感なく面白い作品に仕上がっているとは思っていなかったので、すっかり夢中になって見入ってしまいました。

また作品の味付けも最近のマーベル作品とどうように適度な重さがあって良いです。

DCとの違いは、適度に重いという感じで、重すぎないのところですね。
そこが娯楽として楽しめるポイントなのです。

キャプテン・アメリカのウィンターソルジャー辺りから、マーベル作品のバランスは絶妙だと感じます。

例のよってアクションシーンはよくできています。特にスパイダーマンは身体が柔らなくないと、あのポーズはできないよなぁ~と感心します。

トニー・スタークのような50代の初老のオッサンがあの開脚全開なポーズをすると、一発で股関節が外れてしまうのではないかと余計な心配をしてしいました。

個人的にはスパイダーマンシリーズの映画では、一番、楽しめたように感じます。

というわけで、もしスパイダーマン・ホームカミングが気になるのだったら、是非、観ることをお勧めします。