松田軽太の日記

企業の情シスで働いています。このブログでは読んだ本など思いつくままに書いています。

【FileMaker】起動時に特定のファイルを起動する方法

ひょんなことからFileMakerというデータベースソフトを使うようになりました。

 

こんにちは!松田軽太です。

  

ということで、このブログの中で、自分の備忘録としてではありますが、知っておくと便利な使い方をメモっていこうと思います。

 

  

で、今日の備忘録は「FileMakerから特定のファイルを起動する」です。

 

FileMakerから特定のファイルを起動する

まずファイルメーカーにボタンを設定し、Windowsの電卓を実行してみます。

f:id:matuda-kta:20180212231230j:plain

 

すると・・・

f:id:matuda-kta:20180212231307j:plain

 

このように電卓が起動しました。

ではどこに何を設定したのかを説明します。

 

まず「スクリプト」から「スクリプトの管理」を実行します。

f:id:matuda-kta:20180212231355j:plain

 

次に「電卓をEventで開く」というスクリプトを作成します。

f:id:matuda-kta:20180212231444j:plain

 

次に左側のスクリプト一覧から「Eventを実行」を選びます。

f:id:matuda-kta:20180212231604j:plain

 

次に「Eventを送信」の設定画面でテキストにチェックを入れて「calc」と入力し「OK」を押します。

f:id:matuda-kta:20180212231632j:plain

 

次にレイアウトモードに切り替えて、ボタンにスクリプトを設定します。

f:id:matuda-kta:20180212231707j:plain

ボタンを右クリックしてボタン設定を選びます。

f:id:matuda-kta:20180212231759j:plain

次にボタンにスクリプトを設定して完成です。

f:id:matuda-kta:20180212232012j:plain

 

といった手順で設定しました。

けっこう画像を貼りながら説明を書くのって大変なんですね。

 

FileMakerのもっとちゃんとした操作を知りたい方はこちらの本がオススメです。

 

今すぐ使えるかんたん FileMaker Pro[FileMaker Pro16/15/14対応版]

今すぐ使えるかんたん FileMaker Pro[FileMaker Pro16/15/14対応版]