松田軽太の日記

企業の情シスで働いています。このブログでは読んだ本など思いつくままに書いています。

【映画】『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が面白すぎる3つの理由(ネタばれ無し)

トム・クルーズが主演する映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を観てきました。

こんにちは! 松田軽太です。

今作でミッションインポッシブルは6作目になります。
今回のフォールアウトはシリーズ最高傑作との呼び声が高い作品となっています。
f:id:matuda-kta:20180805212737j:plain

まだミッションインポッシブルを観たことのない方に説明すると、アメリカのIMFという秘密組織に所属する腕利きのエージェントであるイーサン・ハント(トム・クルーズ)が活躍するスパイ映画です。

公式サイトに「はじめてのミッション:インポッシブル」という動画説明がありましたので、詳しくはこちらをどうぞ!
www.youtube.com


さて、今作のフォールアウトですが、いろいろな意味で驚きがありますので、まとめていきます。


①アクションシーンが凄すぎ!
ミッション:インポッシブルでは毎回、度肝を抜くアクションシーンが売り物です。
しかもそれらの危険なアクションシーンをトム・クルーズが自ら行うことでも知られています。

過去の作品でも、高層ビルをスパイダーマンのように登っていったり、飛行機を外側から飛び乗ったり、よい子は真似しちゃいけないことばかりです。
そりゃ、危険なシーンは命づなを着けて安全性は確保しているのかもしれませんが、たとえ命づなを着けていたとしても・・・やりたくないですね。

もちろん今作のフォールアウトでも常軌を逸したアクションシーンが目白押しです。

公式サイトではヘリスタントの特別映像を公開しています。

www.youtube.com


②ストーリー展開がスゴイ
スパイ映画の醍醐味でもありますが、作品の中で騙し合いが繰り広げられます。
今回も二転三転する展開に驚きの連続です。
スピード感のあるアクションに目を奪われつつ、ストーリー展開を追うという楽しみがフォールアウトはスゴイのです。


③過去の作品からうまくつなげている。
ミッション:インポッシブルは三作目でリブートした感じがあります。

二作目から三作目は6年近いブランクがありました。
今作のフォールアウトは三作目からのエピソードが巧みに散りばめられています。

では何故三作目からなのでしょうか?

実は三作目からJ・J・エイブラムスという人物が制作に関わっています。
J・J・エイブラムスSTAR WARSスタートレックといった大ヒット作品を手がけています。


そのJ・J・エイブラムスが携わった3作目から5作目のエピソードが絶妙に絡み合っているのです。

最近だとアベンジャーズのシリーズが作品をまたがる世界観の連続性を実現してますが、今回のフォールアウトも同じようにシリーズの中での連続性を大切にしています。

それにより今までミッション:インポッシブルを楽しんできたファンも納得できる作品になっています。

今作でも、なんだかんだでトム・クルーズの演じるイーサン・ハントと彼を支える仲間達の絆や友情を楽しむことができます。
例によってイーサン・ハントの行動は、飽きれるくらい破天荒な行動ばかりですが、その意図を理解して協力してくれる仲間との絆が深く描かれています。

特に今までミッションインポッシブルを観てきたファンなら、その友情や絆を嬉しく感じること間違いなしです!

もちろん、初めてミッション:インポッシブルを観る人も十分に楽しめる作品です。
フォールアウトを見える前に3作目から5作目までを観ておくと更に楽しめます!

M:i:III [Blu-ray]

M:i:III [Blu-ray]

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]